ポイントサイト「ちょびリッチ」の安全性や稼ぎ方を解説

 

この記事ではポイントサイト「ちょびリッチ」についてなるべく分かりやすくシンプルに解説していきます。

ちょびリッチとはどんなサイトで何ができる?

ちょびリッチとは330万人以上が登録しているポイントサイトです。

ポイントを貯めて、貯めたポイントを金融機関であったり電子マネーに交換できます。

ちょびリッチへの登録は完全無料でできます。

 

無料で簡単に会員登録をしよう

名前メールアドレスを入力して、そうするとちょびリッチからメールが届くのでURLをクリックします。

たったこれだけで、簡単に登録ができてしまいます。

 

ポイントを貯めよう

ちょびリッチにはポイントを貯めるコンテンツがたくさんあります。

 

・お友達紹介でポイントをゲット

自分のお友達を1人紹介するごとにポイントが手に入ります。

そして、そのお友達が貯めたポイントのうち40%が還元されます。

 

・アンケートに答えてポイントをもらう

少しの空いた時間でアンケートに答えるだけでポイントがもらえます。

ちょびリッチからアンケートが届いていないか、こまめに確認しておいてくださいね。

これだけで1日7ポイントは貯めることができます。

 

・ネットショッピングをしてポイントをもらう

楽天市場などでお買い物をすると最大で20%のポイントが手に入ります。

日常のお買い物でもちょびリッチを使っていきましょう。

 

・無料のスマホガチャでポイントゲット

こちらは最大で100ポイントがもらえるガチャになります。

無料でできるガチャなのでどんどん引いていきましょう。

 

・スマホアプリをダウンロードしてポイントを貯める

無料のスマホアプリをダウンロードするだけですぐにポイントがもらえます。

コツコツと継続していけば2000ポイント貯めることが可能です。

 

ポイントを交換してみよう

ちょびリッチは1ポイント=0.5円になっています。

1000円から交換することが可能です。

先ほども紹介したようにポイントは現金や電子マネーに交換できます。

下記に交換先を書いておきますね。

 

現金への交換先一覧

住信SBIネット銀行

楽天銀行

ジャパンネット銀行

ゆうちょ銀行

その他の各金融機関

Pring

PayPal

こちらが現金への交換先になります。

「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」この3つだけは手数料が無料で交換することができます。

「ゆうちょ銀行」「その他各金融機関」で交換する場合は手数料150円がかかるので、覚えておいてくださいね。

PringとPayPalの場合は交換完了日がリアルタイムですが、それ以外は交換完了日が3~4営業日以内となっていますので、こちらのほうも頭に入れておいてくださいね。

銀行口座だけでなく、スマホのオンライン決済アプリでポイント交換できるのもちょびリッチの魅了ですね。

 

電子マネーへの交換先

Amazonギフト券

楽天Edy

Google playギフトコード

ビットコイン

ビットキャッシュ

nanacoギフト

WAONポイントID

App Store

App Store&iTunesコード

こちらが電子マネーの交換先になります。

電子マネーへの交換先はまだまだ他にもありますが、この中でもおすすめの交換先を紹介します。

「Amazonギフト券」「nanacoギフト」「App Store&iTunesコード」へポイント交換する場合は、ちょびリッチの会員ランクを上げることでボーナスポイントが付与されます。

電子マネーへの交換先は、ほとんどがリアルタイムで交換が完了するので「今すぐにポイント交換したい!」って人にはおすすめですね。

 

ちょびリッチのメリット&デメリットは?

ここまでの説明を聞いてちょびリッチの概要はなんとなく分かったけれど、「他のポイントサイトと比べてメリットやデメリットはなに?」って思った人もいると思います。

なのでここからは、メリット&デメリットについて解説していきます。

 

・メリット

還元率が高い

在宅ワーク系のコンテンツも豊富

誕生日にボーナスポイントがもらえる

会員ランク制度による得点ボーナスを採用

1度でもプラチナ会員になってしまえば永久にゴールド会員以上

 

こちらがメリットとしてあげられる点だと思います。

還元率が高い上にアンケートに答えるなど在宅でできるコンテンツも充実しています。

少しの休憩時間でポイントが貯めれるというのはお忙しいサラリーマンや専業主婦などの強い味方ですね。

さらに、誕生日や会員ランク制度でボーナスポイントがもらえるのも魅力的ですね。

 

・デメリット

1ポイント=0.5円と少し分かりづらい

他のポイントサイトと比べ、デメリットといえるのはこのくらいですが、ちょびリッチの1ポイントの価値は0.5円と数多くあるポイントサイトのなかでも中途半端な数字となっています。

1ポイント=1円などのほうが分かりやすくていいと思いますが、こればかりは仕方がないと思います。

ポイント÷2=円と自分なりの覚えやすい公式を見つけるといいですね。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

今回はポイントサイト「ちょびリッチ」について解説してきました。

無料でリスクがなくお小遣いを稼げるとはとってもお得ですね。

少しの時間でできる案件も多いので、楽しみながらポイントを貯めていくことができますね。

以上ちょびリッチの解説でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下の画像をクリックしていただくと登録ページにいけます。

 

 ちょびリッチの登録はこちらから↓
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

おすすめの記事