トレラン

2018年ハセツネ30K【準備編】

投稿日:

秋のハセツネカップの入門レース、ハセツネ30Kに向けて、作戦や装備をまとめたエントリーです。
目標はハセツネ30Kサブ4!

ハセツネ30K、コースマップ

ハセツネ30Kという名前ですが実際には32kmあり、東京都の奥多摩山域を走ります。

詳しくは↓
秋川溪谷リバーティオ会場→小和田橋→五日市警察署前→黒茶屋前→沢戸橋→盆堀林道→北沢峠→トッキリ場→弾左右衛門峰分岐→市歩地→市道山分岐→醍醐峠→醍醐丸15kmポスト→篠窪峠→篠窪峠仮設登山口→醍醐林道→盆堀林道→入山トンネル上登山道→トッキリ場巻道→入山峠→今熊山頂上→金剛の滝上→変電所→日向峰分岐→秋川溪谷リバーティオ会場


ハセツネ30Kのコースは大きく4つに分けることができます。

  • スタート~北沢峠
  • 北沢峠~篠窪峠
  • 篠窪峠~入山峠
  • 入山峠~ゴール

スタート~北沢峠

スタートから約10km、ロードが続きます。
この区間は進むにつれて傾斜が急になってきて、この区間の終点であるトレイルの入り口では渋滞が発生するため、この区間をいかに速く走れるかが順位に大きく影響するようです。

北沢峠~篠窪峠

この区間からトレイルに入ります。
およそ7kmのこの区間がハセツネ30Kで一番難易度の高い区間で、繰り返しのアップダウンが続きます。
醍醐丸の15kmポストを通過すると急勾配の下りになります。

篠窪峠~入山峠

ここからは再度、9kmのロードにでます。
ロードを一気に下りきったあと、登り返し、入山峠の急登となります。

入山峠~ゴール

ここからは下り基調のトレイルで約6.5kmの区間。

ハセツネ30K、サブ4を狙うためのペース配分

2016年のハセツネ30Kの結果(2017年は距離短縮)について言及しているブログからゴールタイム、フルマラソンのタイム、ハセツネ30Kの10km地点のタイムを抽出してみました。

ハセツネ30Kでサブ4を狙うにはだいたいフルマラソンでサブ3くらいの実力が必要そうです。
き、きびしい、、、

また、ハセツネ30Kは最初のロードで順位がほぼ決まってしまうということを聞くので、10km地点を55分以内で通過したいところです。
手元にある「ハセツネ30K攻略MAP」によると、サブ4ペースは10km地点を58分で通過すればいいみたいです。
(僕の場合、突っ込み型なので笑)

そこからのトレイルはシングルトラックなのであまり順位の変動はないようです。

なので、ロードは頑張り、トレイルは流れに逆らわないように順位をキープ!

ハセツネ30Kの装備(予定)

ウェア

  • 帽子 POLERのキャップ
  • 上 Peak Performanceのノースリーブシャツ
  • 下 THE NORTH FACEのランパン
  • アームカバー C3fit(寒ければ)
  • 靴下 5本指ソックス
  • シューズ On クラウドベンチャー ピーク
  • ザック INOV-8 All Terrain Pro Vest

水・補給食等

  • 水1ℓ
  • アミノ酸飲料500mℓ(予定)
  • メダリスト エナジージェル×2
  • スティンガー エナジージェル
  • VESPA HYPER
  • Amino PROTECT
  • ミドリ安全 塩熱サプリ

ほぼ、いつもの装備と同じですが、OnのシューズとINOV-8のザックはハセツネ30Kのために新調しました。
どちらも練習や試走で使ってみて特に違和感なし!!

あとは当日のトイレ問題をクリア出来れば、、、笑
(ハセツネのトイレは缶に蓋がついたようなやつで排泄物が流れないので、使いたくない。。。)







-トレラン
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年ハセツネ30k【レース編①】

ハセツネ30Kを走って来ましたので反省を込めてレポートを書きたいと思います。 まず、結果から言いますと、目標のサブ4には僅かながら及ばずの4時間一桁でフィニッシュとなりました。 ■目次1 ハセツネ30 …

2018年ハセツネ30k【レース編②】

ハセツネ30Kのレースレポート、2018年ハセツネ30k【レース編②】です。 2018年ハセツネ30k【レース編①】はこちらから↓ 2018年ハセツネ30k【レース編①】 ■目次1 篠窪峠~入山峠2 …

雲取山、日帰りトレラン!鴨沢~雲取山~奥多摩駅(前編)

東京都、最高峰の雲取山(くもとりやま)に登ってきました。 標高は2017mということで今年(2017年)は雲取山イヤーなのです。 計画段階ではバスを使いたくなかったので奥多摩駅~雲取山のピストン(往復 …

雲取山、日帰りトレラン!鴨沢~雲取山~奥多摩駅(後編)

雲取山トレランの後編です。 修行のような山道を何とか七ツ石小屋まで駆け上がり(上りはほぼ歩いた)、小休止。 さあ、いよいよブナ坂を越えて雲取山へ向かいます。 前回の記事はこちら。 雲取山、日帰りトレラ …

プロフィール

プロフィール

よーすけ

よーすけ

三軒茶屋でフリーランスのWEBデザイナーをしています。

詳しくはこちら  twitter

過去記事(月別)

カテゴリ