フリーランス

フリーランスが安定収入を得るためにLancers(ランサーズ)を戦略的に使うコツ

投稿日:

フリーランスでクラウドソーシングサイト、Lancers(ランサーズ)を使っている方は非常に多いのではないでしょうか。
僕も独立当初からLancers(ランサーズ)には非常にお世話になっています。

ただ、このLancers(ランサーズ)、報酬の低い依頼が蔓延しているため、安定収入を得るためには受ける依頼を戦略的に取捨選択しなければなりません。
Lancers(ランサーズ)を使うにあたり、僕なりの案件の選び方をまとめてみました。

こんな案件は受けるな!

  • コンペ案件
  • 発注率が異常に低いクライアント
  • 報酬額が異常に低い
  • 依頼内容が曖昧で作業内容が分からない
  • 依頼内容に記載されていない仕様書を送ってくる

コンペ案件

コンペ案件は競争率が高い上にデザイン案を提出しなければいけないので時間がかかる割には当選確率は低いです。
例えばロゴなんかのコンペですとだいたい30案前後集まると思いますので単純に1/30の確率で当選するとして、1提案2時間で制作しても1回当選するのに60時間もかかってしまいます。

腕に覚えがあるかたは止めませんが、あまりにも非効率的なのでプロジェクト案件に注力しましょう。

発注率が異常に低いクライアント

発注率が異常に低いクライアントも提案するだけ時間の無駄です。

悪質なクライアントになると、もともと発注するつもりがなく見積もりが欲しいだけや、他の提案者とランサーズ外で話がついたためキャンセルするということがあるようです。

報酬額が異常に低い

これも時間の無駄。
報酬額が異常に低いクライアントは地雷率が高いです。

そもそも依頼内容に対する相場観が分かっていないため、この報酬額内で○○もお願~いといった無茶振りが来たりします。
「簡単でしょ」「ちょちょっとやって」という言葉を聞いたらただちに逃げましょう!

依頼内容が曖昧で作業内容が分からない

依頼内容を読んでも何を納品すればいいのかさっぱりなクライアントがまれにいます。
依頼内容が曖昧で作業内容が分からないような依頼をするクライアントは話が通じない。会話にならないと思ったほうがいいです。
総じて質は低いので一往復ですむやり取りが何往復も必要だったりと時間だけがかかってしまうので依頼を受けても疲弊するだけです。

依頼内容に記載されていない仕様書を送ってくる

依頼内容に記載されていないものが後出しで出てきます。
数十ページに及ぶデザインルールやコーディングの仕様書が出てくると、仕様書を読むだけでも費用を欲しいです!!
せめて「今回の案件に関係あるのは何ページと何ページです。」って形でこちらの工数を減らす努力はしてもらいたいです!!

後出しで出てくると最悪の場合、最初からやり直しということもありますので避けたいクライアントです。

プロジェクト案件に注力しろ!

Lancers(ランサーズ)で提案するのはプロジェクト案件1択です。コンペは時間の無駄です。
プロジェクト案件だと次の項でも書きますが、継続案件も多いです。

また、提案の作成もコンペ案件に比べてデザイン案等を出さないですむので、その分、数をこなせますし、提案をテンプレ化して使いまわしもしやすいです。
僕の場合、デザイン提案用のテンプレ、コーディング用のテンプレ、WordPress構築用のテンプレがあり、多少、手を加えて使いまわし出来るようにしています。

継続案件を狙え!

単発の案件ばかりではフリーランスとして安定的に収入を得るのは難しいですし、単純に提案に時間を使うのはもったいないので継続して仕事を振ってくれそうなクライアントを狙いましょう!
継続案件の探し方ですが、Lancers(ランサーズ)で「継続」「長期」「パートナー」などと打ち込んで検索すればそういったクライアントが出てくると思います。
そのなかで取捨選択して希望に合うクライアントにどんどん提案しましょう!

継続して仕事をこなしいくうちにクライアントの信頼を獲得できるでしょうし、そうすれば大きな案件も振ってもらえるようになると思います。

ちょっとしたことでライバルに差をつけろ!

提案をする時に、例えばクライアントの住所が近所であれば、「近所ですので何かあればすぐにかけつけられます。」などアピールして、たくさんある提案に埋もれないように工夫しましょう。
僕がよくやるのは上記の近所アピールや、自分の趣味に近いサイト制作の案件であればそのことをアピールしたり、クライアントのプロフィール画像にふれてみたり、、、
いくらでもやり方はあると思いますので、独自のアピール方法を確立してみましょう。

最後に

僕のLancers(ランサーズ)の使い方についてまとめましたがいかがでしょうか。
Lancers(ランサーズ)は他人の提案も見ることが出来るので、実はこれが地味に勉強になります。
時間があれば、他の人の提案も覗いてみてデザイン案と、なぜそのデザインに至ったのか、その過程などが書いてあると思いますので当選のコツなどを研究してみましょう!

Lancers(ランサーズ)の登録は下記から!フリーランスだったら必ず登録しましょう!

クラウドソーシング「ランサーズ」







-フリーランス
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

プロフィール

よーすけ

よーすけ

三軒茶屋でフリーランスのWEBデザイナーをしています。

詳しくはこちら  twitter

過去記事(月別)

カテゴリ